研修内容

レベル1=Dr. Vodder’s MLD基礎課程

<座学>
ドクターボダーアカデミーインターナショナルの医師が作成したスライドを用い、E-learning形式で受講していただきます。(ただし、2020年度ドクターボダーアカデミージャパンが運営する研修については、対面式での座学も行います。)
どのレベルの研修を受講される場合にも、最初にこのオンライン座学を受けていただきます。座学の内容は、Vodderに関する歴史をはじめ、基礎的な生理学・解剖学・リンパ学、MLDの概要や効果・適応と禁忌などが含まれ、座学試験もオンラインでの受験となります。全て完了するには、個人差もありますが、おおむね20〜45時間必要です。このオンライン座学は、英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、中国語、日本語で利用可能です。 オンラインでの座学試験に合格すると、レベル1の実技が受講可能です。

<実技>
オリジナルのDr. Vodder’s 用手的リンパドレナージ(MLD)の基本手技5種と、頚部、顔面、上肢、下肢、項部(うなじ)、背部、殿部、胸部、腹部の身体9か所に対する手技を説明・実践します。

研修の様子
講師

細谷 有希(ほそたに ゆき)<実技>

理学療法士/Dr.Vodder認定講師(レベル2)
医療法人徳洲会 ホームケアクリニック札幌/Dr. Vodder Academy Japan代表

2004年に理学療法士国家資格を取得。大学病院、乳腺外科専門クリニック、在宅緩和ケア専門クリニック等で勤務し、リンパ浮腫けケアや緩和ケアリハビリに従事。オーストラリアをはじめ世界各国での研修を経て、2017年に日本のリハビリ職種で初のDr.Vodder認定講師の資格を取得、世界基準のMLD普及に努めている。

所属団体
日本理学療法士協会
日本癌治療学会
日本乳癌学会
日本緩和医療学会

講師

土岐 めぐみ(とき めぐみ)<座学>

札幌医科大学附属病院リハビリテーション科 所属
Dr. Vodder Academy International認定理論講師(座学担当)
Dr. Vodder’s MLD/CDT認定セラピスト

私は、平成7年に慶應義塾大学病院のリハビリテーション科で働き始めたのと同時にリンパ浮腫の診療を開始しました。ライフ・プランニング・センターのリンパ浮腫研修も受けており、一応の知識は持っているつもりでした。しかし、MLD(マニュアルリンパドレナージ)だけは、座学や短時間の体験のみでは、なかなかつかみどころがありませんでした。診療を始めて20年以上たってから、Vodderの研修を受講しました。きつい試験もあり、かなり大変な思いをしましたが、受講者同士で助け合い、修了できたことは大きな自信になりました。Vodderの研修をきっかけに、院内の仲間とともにリンパ浮腫外来を立ち上げることができました。また、リハビリテーション科では、リンパ浮腫以外の浮腫、運動器疾患や廃用性、慢性疼痛などに関連した浮腫に遭遇することも多いです。そのような時に、Vodderの知識を用いて対応が可能となり、自分の引き出しが増えたことで、患者さんの利益にもつながっていると感じます。

開催日 座学 2020年9月6日(日)
   8時間+オンライン学習・試験
実技 2020年9月19日(土)~22日(火) 計32時間
開催時刻 2020年9月6日(日):9:00~18:00
2020年9月19日(土)~22日(火):8:30~17:30
定員 8名
受講料 15万円(修了証・教材代含む)
場所

〒060-0010 札幌市中央区北10条西17丁目36-13
医療法人渓仁会 札幌渓仁会リハビリテーション病院 会議室(1~3)

google mapで見る
パンフレット パンフレットはこちら(PDF)
備考

※研修申し込みの注意事項
2020年2月末までにレベル1(MLD基礎課程)とレベル2(MLD応用課程)をお申込みいただいた場合、受講料の割引(2万円)がございます。
レベル1+レベル2=15万円+10万円=25万円→ 2月末までのお申込みで23万円

【重要】2020年度レベル1及びレベル2につきましては、受講生を北海道内在住の方に限定させていただきます。何卒ご理解の程、お願いいたします。なお、8月1日時点で非常事態宣言が再発令された場合には、2020年度の研修は中止とし、全日程を2021年へ移行することといたします。中止の際には、受講料は全額返金させていただきます。ご理解の程、どうぞよろしくお願いいたします。

9/22 レベル1は無事に満席で修了いたしました。