研修内容

レベル3=Dr. Vodder’s MLD/CDTリンパ浮腫治療課程

主にリンパ浮腫症例への専門的治療・管理の習得を目的とした医療関係者向けのコースです。

リンパ学に精通し、DVAIの座学講師研修を修了した医師による集中的な座学(浮腫の診断・鑑別、各専門領域の概要、ケーススタディ、緩和ケアなど)と、臨床での即戦力となるべく実践を想定した評価や治療計画の立案、セルフケア指導や圧迫療法の選択、圧迫下での運動療法など、DVAIのカリキュラムに加え、新リンパ浮腫研修運営委員会の定める「専門的なリンパ浮腫研修に関する教育要綱」に準拠した内容で行います。

実技では、上肢および下肢のリンパ浮腫、脂肪浮腫、静脈性浮腫、緩和ケアとしての浮腫など様々な症例を想定し、複合的治療(Combined Decongestive Therapy:CDT)を主軸とした、より実践的なプログラムを通して、即戦力となりうる医学的に適切な技術の習得を目指します。

このレベル3には座学・実技ともに試験があり、共に合格するとDVAIから国際資格であるDr. Vodder’s Lymphedema managementのセラピスト認定証が発行されます。

研修の様子
講師

Andreas Wittlinger

Dr.Vodder Akademie校長・理学療法士
Dr.Vodder Academy International Director

Dr.Emil Vodderと共にMLDを世界に広めたPro.Hildegard Wittlingerの三男。
Dr.Vodder Akademie(オーストラリア本校)校長として、世界各国でMLDの指導を行う一方、Wittlinger Lymphedema Clinicの主任療法士として、世界中から訪れるリンパ浮腫患者の治療に従事。10年以上にわたり日本でのMLD/CDT指導にもあたる。

Dr.Vodder Academy International認定理論講師(座学)
リンパ学・リンパ浮腫治療に精通した医師

開催日 座学・実技 2023年9月16日(土)~24日(日)   
*一部の座学はZoomを用いたオンライン開催(予定)
開催時刻 8:30~17:30
定員 15名程度
受講料 30万円(認定証・教材代含む)
場所
札幌医科大学
〒060-8556 北海道札幌市中央区南1条西17丁目
*諸事情により変更の可能性あり(札幌市内)
google mapで見る
備考

※研修申し込みの注意事項【重要】

・レベル1を修了された方が対象です。

・2022年8月31日までにお申込みください。(先着順。定員になり次第、応募を締め切りさせていただきます。)

・新コロナウイルス感染対策が必要と判断された場合、受講開始1週間前から、毎日体温および症状の有無を確認していただきます(体調管理シートを送付いたします)。また、発熱や体調不良などが生じた場合には、速やかにご連絡の上、受講を見合わせていただくようお願いいたします。

・8月15日時点で非常事態宣言が発令された場合には、日程を延期することといたします。

・コロナ感染状況や当団体の諸事情により研修を中止せざるを得ない場合は、受講料は全額返金させていただきます。

・キャンセルをご希望の場合は、できるだけ速やかにご連絡ください。

その他、ご質問などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

皆様が安心して研修を受講できますよう、ご理解とご協力をどうぞよろしくお願いいたします。